小説を書く、というと、昔であれば「万年筆と原稿用紙」だったりしたものですが、今の時代そうではありません。

小説新人賞に応募するのだって、基本的には活字に打ち出して応募します。手書きが良いなんてオカルトはやめましょう。

 

小説を書くに当たって、幾つか必要な道具をジャンル分けしてみました。ハード・ソフト、その他、みたいな感じです。

読む方それぞれで必要性などは変わってくるとは思いますが、まずもってどれも必要な物ばかりです。

今もし、まだ未整備の物がありましたら、この記事をヒントに、買い進めるだけの勇気を持って下さい。

 

必要な物があるのと無いのとでは、生産性に俄然差が出ますからね。それでは、参ります。

スポンサーリンク

小説書きに必要な道具――PC関連の道具

まず、基本的にパソコンは必要になります。

いや別に、ここは最新に乗って「iPad Proだ!」でも一向に構わないのですが、パソコンの方が結局ハードウェア・キーボードを使うので、どうしても打鍵速度は速くなったりします。

早さは正義ですから、ここは廉価な物でも良いのでパソコンを導入した方がベターです。

 

私が個人的にお勧めするのは、廉価ながらある程度の事は出来るタイプのパソコンです。

例えば、この様な。

上記は2017年末セールの余りですので、早期に無くなることが予期されます。まだパソコンを導入していない方は、早めのご決断が良いかと思います。

 

さて、何故パソコンを推すのでしょうか。これには幾つかの理由があります。

まずハードウェア・キーボードが付く、という点はあります。これは既に述べました。

それ以上に、インターネットに接続出来る端末である、という点も考慮に入れるべきです。

 

今の時代、設定集を作るにしても、頭の中だけで設定をする、というのは結構無理がある時代になってきました。

設定のアラを探されてしまうと、頭の中だけで設定した場合、結構な確率でアラを見つけられてしまいます。

インターネットへの接続が出来れば、執筆中に「あれ、どうだっけ」と思った箇所を、すぐに検索する事が出来ます。

 

ただ、web接続があるとそれだけで「気が逸れる」方もおられます。これは寧ろ個々人努力して頂き、そういう性質は改善すべきと思いますが、なかなか簡単に行かない、という方もおられる様です。

もしweb接続が小説書きに支障があるのであれば、web接続の無い、かつハードウェア・キーボードのある端末を用いるべきでしょう。実際にそういう物はありますので。

 

以前、まだ私がそういう自律的コントロールが甘かった頃に使っていた端末に『ポメラ』という物があります。

これなどは、文章入力に特化していてweb検索機能もTwitterもありませんから、一気に集中して作業したい、というニーズを満たします。

パソコンだと更に色々便利なんですが、一番ネックになる「執筆」の段階だけはポメラにして、研ぎ澄ます様に作業する、というのもありでしょう。

 

更にパソコンの良いところは、対応しているエディタなどを使えば、変更履歴を全部残しておける、というところも良いところです。

普通のエディタやワープロソフトで「上書き保存」をしてしまうと、そこまで書いたものが確定します。けれど、これは必ずしも小説書きにとって最善ではありません。

小説を書くとなると、どうしても「さっきの一文があった方が良かったかも」とかになりますよね。そういう時のために、保存方法も工夫すべきです。

 

私はEmEditorというWindowsのテキストエディタを使っているのですが、これには「自動バックアップ」の機能があります。

特定のフォルダを指定しておけば、そこに毎分間隔を最短として、次々別ファイルで保存してくれます。実にありがたい機能です。

更に、キーボードもデフォルトから替えるべきです。

キーボード、こだわっていますか? マシンに標準で付いてきたキーボードで満足、と言っている方は、是非サードパーティーのキーボード、試してみて下さいね。

 

私は、REALFORCEを使っています。以下がそれです。

まさに高級キーボードですが、それに見合った仕事はしてくれます。

 

小説をガンガン書ける方であれば、まずタッチタイピングはマスターされている事と思いますが、私の場合、この日本語配列記載なしのモデルで、かな入力でもって使っています。

最初導入するときには少々不安がありましたが、導入して1日でREALFORCEの虜になりました。それくらい打鍵感が良く、打鍵スピードも伸びる凄いキーボードです。

値段も凄いですが、決して損はさせないだけの自信があります。それだけの価値のあるキーボードです。

 

小説を書く、という場合には、あまりマウスへのこだわりは必要ありません。あれば便利ですけれどね、多ボタンマウスの類は。

個人的に使っているマウス、という事で紹介したいと思います。私はLogicool社製のG602というのを使っています。

これはこれでとても便利です。横に配置された6つのスイッチ、上部に追加された2スイッチで、粗方したいことは全部出来ます。

小説家になりたい人が揃えるべき備品――PCから更に外部

プリンターが必要です。

ディスプレイに出して校閲、というのも悪くはないですが、やはりプリントアウトしてガッチリ行う校閲にはかないません。

 

個人的には、レーザープリンターが良いと思います。モノクロレーザーでも事足りますが、今は相当廉価なカラーレーザーが出ていますので、個人的には汎用性も含めてそれをお勧めします。

因みに、トナーは純正品を選ぶと鬼のように高いです。本体代金など1回で上回ってしまいます。

 

そこで私は、プリンターに対する保証まで付いてくる互換トナー、というのがあったのでそれを使っています。以下がそれです。

一見すると値段高いですが、小説書きにとって一番必要な「黒」のトナーが3本も入ったセットです。

 

一応値段的にはこれより安いメーカーは幾らもあるのですが、いざプリンターが壊れた時に保障してくれるメーカー、というのはこの「いいね!得Q便」さんだけでした。

インクジェットプリンターでは、どうあがいてもコスパが悪いですし、更に言うと、文字が太ってしまって校閲の際でも美しさに欠けます。

そういう意味からも、私はレーザープリンター類をお勧めする訳です。

 

あとは何のソフトで原稿を作るか、です。

色々なタイプの方がおられるので一概にこうとは言い難いのですが、小説書くのであれば基本的に「テキストエディタ」がおすすめです。

テキストエディタというのは、読んで字の如く、テキストだけを扱うエディタです。書式とか版組とかは、別のソフトが担当します。

 

私は、メインのWindows機を使う時にはEmEditorを、MacBookProを使う時にはCotEditorを使っています。いずれもテキストエディタ。

どちらかと言うとEmEditorの方が高機能なんですが、EmEditorは残念ながらWindows専用。仕方なく、MacBookProではそれに似た感じが一番近いCotEditorに落ち着きました。

 

原稿を書き出したら、もう後はノンストップでOKです。たくさん書いて、印刷して削れる所は削って、また書いて。

そして後はそれを、新人賞に出すにしろweb小説としてアップするにせよ、自由にして頂ければ、と思います。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事