脳に効果がある音楽、というと、まず私の場合はヘミシンクシリーズが思い浮かびます。

ヘミシンクシリーズは、バイノーラルビートという技術を使って作られた音楽です。

バイノーラルビート音源自体は、ヘミシンクの専売特許ではなく、誰でも作る事が出来ますが、バイノーラルビートに更に「良い音楽」を上手いこと載せてくれる辺りが、ヘミシンクシリーズの良いところです。

スポンサーリンク

脳にどういう効果がある音楽? ヘミシンクシリーズの不思議

ヘミシンクにも色々あります。集中力を上げるだけのものから、リラックスして瞑想したりするタイプのものまで、様々です。

一番際だった物になると、「Concentration」というヘミシンクタイトルのものがあります。これはノイズとヘミシンク信号(バイノーラルビート)だけで出来ているので、音楽性はありません。

 

 

音楽性を犠牲にしているだけあって、非常にしっかりとした効き目があります。個人的な感想ですが、他の「能力向上系ヘミシンク」の倍くらい集中が出来ます。

ただ、やはりノイズだけ聴き続けるのは飽きが来る部分もあるので、自分はConcentrationはあまり使いません。代わりにGolden Mindという盤を使う事が多いです。

 

 

これは、ゴシック調の音楽にヘミシンクシグナルが乗っていて、聴いていてとても癒やされます。それでいて集中力も向上するという、一挙両得的なヘミシンクです。

脳を休める効果のある音楽系ヘミシンク

ここまでは「起きて仕事する時」用の音楽を紹介しましたが、ヘミシンクシリーズの良いところは『それぞれの脳波を発生させる』事ですので、リラックス状態の脳波もまた、発生させられます。

個人的には、リラックスであればこれ、というのがあります。「エンジェルパラダイス」というタイトルなんですが、これがリラックスや瞑想にとても良いのです。

 

 

他にも色々あります。ヘミシンクCDについては、Amazonが割安で出しているので、是非Amazonで検索してみることをお勧めします。

スポンサーリンク

脳に効果があるとされるその他の音楽

後は、昔からありますが、1/fゆらぎとか、サブリミナルメッセージ系のCDとかもありますね。これらも色々試したんですが、あまり鮮明な効果は無かったです。

サブリミナルとバイノーラルビートをミックスしたCD、というのはありました。これについては、誘導脳波がデルタ波だったので、サブリミナル関係無くとにかく眠くなってしまい困りました。

 

バイノーラルビートは、とにかく強力です。脳波をしっかり誘導・変化させるので、使う場面を選びます。

例えば、運転中などには絶対に使ってはダメです。変性意識状態に入ってしまうと、たとえ集中用のヘミシンクであっても、偏った集中力になってしまうので、安全ではありません。

 

ヘミシンク以外のバイノーラルビート、というのも多々ありますが、音楽性のクオリティーではヘミシンクが群を抜いています。

どうしても他のものは、うねり音が耳障りになってしまったりして、作業に差し支えが出ます。バイノーラルビートを選ぶのであれば、ヘミシンクシリーズからチョイスした方が良いでしょう。

終わりに

脳と音楽、というのは実際には非常に密接に関わってきます。自分にとって気分の良い音楽を聴くとα波が出ます。これはヘビメタであろうが何であろうが、その人に心地よいとなると、出るのだそうです。

 

ヘミシンクシリーズなどは、その機能として脳波を誘導します。けれど、時としてその誘導が上手く行かない事があります。

これは、元々の脳波の状態と、誘導されるべき領域とがあまりにかけ離れている場合に起こります。

例えば、興奮状態のガンマ波にいる時に、α波のバイノーラルビートを聴いても、まずもって効果が出ません。

 

ひとつ隣の脳波であるβ波くらいまでならスムースに誘導されるのですが、それを越える領域まで移行するのは難しいです。

 

もしあなたがバイノーラルビート初心者であったなら、まずはGolden Mindをお勧めします。クラシック嫌いだったら合わないかも知れませんが。

もしクラシック系が苦手であったら、以下もお勧めです。こちらは打ち込み系の音楽で出来ていて、かつ集中力を上げてくれるものです。

 

 

これらを活用されて、脳を積極的に稼働させて下さいね。

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事