自分は一太郎シリーズのファンなんですよね。あまり使う機会機会はないのですが、それでもつい買ってしまう。

ただ、ATOKだけは100%活用しています。今度のATOKはディープラーニングのシステムが導入されていて、誤変換などを賢く再変換してくれるらしいです。

 

らしい、というのも、今日届いたばかりでまだテストとしての原稿打ちもしていないので、どれだけの真価が発揮されるか不明なのです。

今こうして文章を打っている限りでは、それ程目立った変化(ATOK2017比)は感じられません。取り合えず普段通りの変換、という感じです。

 

今ではATOK以外にもGoogle日本語入力とか、色々と選択肢は広がっていますので、わざわざ高い値段払ってATOKを導入する意味も薄れました。

昔は、MS-IMEとATOKくらいしかありませんでしたからね。MS-IMEは単漢字も含めて変換精度に難があるので、どうしてもATOKに。

けれど、Google日本語入力は変換精度がかなり良いので、実用として使えるものと私は考えています。でも、私はATOKなんです。

スポンサーリンク

実は今回から呼び名が変わったATOK2018

今までは、ATOK2017、というように、西暦年号が末尾についた名称だったのですが、今回から呼び名が変わりました。

その名も、「ATOK for 一太郎2018」。要するに一太郎があって初めてATOKがある、という流れです。

後で調べようとも思っているのですが、もしかするとATOK単体での販売は辞めたのかも知れません。

 

というか、ATOKだけを使いたいのであれば、ATOK Passportという月額サービスを用いれば、最新のATOKを使い続ける事が出来ます。

その辺りで、一太郎に付属するATOKとその他のATOKに差別化が図られた可能性はあります。

私は、Windows機ではATOK for 一太郎2018を利用し、MacではATOK Passportを利用しています。一太郎が好きなので、こういう形になります。

 

一太郎の何が良いって、電子書籍出版の機能が充実している事です。ePubでもKindleでも、自由に出力出来ます。

これが出来るだけで、私の小説家としての活動の幅が広がる、というものなので、一太郎2018には期待をしています。

 

今はまだ、新しいペンネームでの第1作目を執筆中で、まだ世に出せるほどの状態ではありませんが、これが出来上がったら、その出来映えによっては直接Kindleストアに出すかも知れません。

まあ第1作目なので無難に「小説家になろう」サイトに投稿、というのもありかと思うのですが、それでもとにかくまずは読者さんが欲しい。読んでもらってなんぼですからね。

新しいペンネームでも、作風はそれ程変わらず。

ペンネームを新しくすると、作風がガラリと変わる方っておられます。

それはそれで凄い才能だなぁと私は感心してしまうのですが、私の小説は基本的に、どんなペンネームであっても共通項が多くあります。

基本的に、恋愛物が好きです。色恋の事を書いていると、こっちまでキュンキュンしてくるので、楽しいのです。

 

あと、ラノベは苦手です。魔王が何の前振りも無く出てきたり、勇者が突然街にいたりする唐突さに付いていけません。

超能力者、みたいな設定も苦手ですね。あくまで等身大の人を描く事を得意としています。

 

それでも、いつかはもう少し作風に変化を持たせた方が良いのかも知れない、とは思っています。

何せ、この作風で既に新人賞4回くらい足切り喰らってますからね。余程ダメなのかも知れません。

小説新人賞は私が目指す道ではありますが、ともかく今は読者欲しいの一心です。

ついでにブログの読者も欲しいなぁ。

このブログ、まだ初めて間もないので、そもそも検索エンジンへの登録が浅いです。当然そうなると、検索エンジンに引っかからないのです。

余程トレンドブログみたいな事を書いていれば話は別なのかも知れませんが、速攻でインデックスされて即座に上位表示、というのは望めません。

 

つい先ほど、プロフィールページを1人の方が読んで下さったらしいんですが、流入経路が分からないので少し心持ちとしては微妙です。

検索エンジンからの流入であれば凄いと思うのですが、多分ブログランキングからとか、そんなところかなと思います。

 

ブログ記事も、1つ1つ丹念に、というのを心掛けて書いていますので、出来ればじっくり読んで欲しいものです。

特に、小説作法のカテゴリーについては、かなり気合いを入れて持論を展開しています。必ずしも全ての方に当てはまるとは限りませんが、一読するだけでも少しはお役に立てるコンテンツを目指して執筆をしています。

 

電子書籍出版するなら、一太郎。これです。

しかし第1作目をどっちにしようか、というのは迷いますね。両方に出すというのも規則上は悪くは無いのですが、それだとKindleストアで買った人に悪い気もしますし。

 

まずは「小説家になろう」サイトかなぁ……人気が出るようであれば、Kindleストアにも出す、という様な流れで行こうかと思います。

さぁ、それでは実作に入りたいと思います。

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事