なかなか最後がやっつけ仕事になってしまった復帰小説『いまの踏み絵』ですが、現在30名ほどの方に読んで頂けました。

やはり、「小説家になろう」サイトは、かなり人が集まっているようです。コミケで出してもこう簡単には行きませんから、今のネット社会の恩恵を感じます。

異世界・チート・勇者なんてのが『一押しキーワード』になるサイトが「小説家になろう」ですが、必ずしもそうでない作品も読んでもらえるんだ、と希望を持つ事が出来ました。

 

どうしようかなぁ、次は異世界モノにチャレンジしてみようかなぁ。

やっぱり芸風というか、色々な属性に挑戦するのも悪いことでは無いので、その辺り少し迷いますね。異世界モノとなれば、幾らでもギミックを打ち込む事が出来るメリットがある反面、そもそも異世界モノを読んだことすらない私からすれば、まず勉強しないと書けないというのが、まさにネック。読んだこと無いとリアリティーに欠く小説しか書けませんから。

 

まぁこの辺りもまた、「小説家になろう」サイトで勉強すれば良いのかも知れません。

というのも、実はとある作家さんが、「小説家になろう」サイトの活用を推しているんですよね。

 

以下が、その内容になる書籍です。Kindleより。

 

 

この中で、今を生き抜くのであれば寧ろ小説家になろうサイトなどで「既に実力がある事を示して戦う」という方法が指南されているのです。

あくまで小説は新人賞から、と思っていた私からすれば、目から鱗でした。それだけ今の出版情勢というのは変化しているのだそうです。

スポンサーリンク

「小説家になろう」サイトが新人賞っぽい事をしている。

サイトのサイドバーに、実は新人賞っぽい賞の募集をしていたりするんですよね。とても気になります。

私の様な弱小小説家としてみれば、どんな新人賞であろうが「取れれば最高!」な訳です。何も芥川賞だけが目指す所では無い。

けれど、異世界モノなどは読み込み量が足りないのでまずもって「小説家になろう」サイトの先輩方に負けるだろう、と。

そうなると、異世界モノで無い何かで勝負する事になるのかとか色々考えたんですが、そもそも賞自体が異世界歓迎、という感じなんですよね。

 

これは前掲したKindle本でも言われている事なんですが、担当編集者が付いてもやっぱり「異世界モノを!」と言われるのだそうです。それだけニーズがある、という事なんでしょぅね。

ニーズがあるところに本を出せば売れます。出版社はそれが分かっているので、担当付いても「異世界モノ!」なんだと思います。出版は大事業ですから、そう失敗ばかりしている訳にもいきませんし。

 

ただ結局悩むのは、大手出版社が開催しているラノベ系な新人賞を目指すのか、それともバナー1つで広告されている新人賞(「小説家になろう」サイト内のような)に応募するのか。迷います。

どちらが今後のことを考えると良いのか、とか、そういう事を考えてしまうんですよね、生意気にも。まだそんな実力がある訳では無いにも関わらず。

ただやはり、自分の小説観って、「人様に影響を与えること」が大事、というのがありまして、それ無しでの物語というのはあり得ないんです。

ただこれも、実作『いまの踏み絵』で全然人に訴えかけていない状態だったりするのでやはり「目標」の域を出ないのですけれど、志はそこにあります。

 

実力を付けるために、何をするか。新人賞と言っても多種多様です。

それだったら、今のニーズを踏まえた作家としてひとまずデビュー出来るところまで高めておいて、それから改めて自分の書きたいものを書く、という筋もあるかな、とか。

または、職業小説家になる前だからこそ「今は自由に書ける」のであるから、ありのままの自分を書いていくべきか、とか。悩みどころです。

 

何にしても、実作が新人賞を通る日が来れば、それはそれで良いのです。

ただその際には、出来れば純文学系の新人賞で通りたい、というのが自分の願いです。エンタメ書くのってかなり辛いんですよ(__;)

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事