今、自分として実験的に行っているのが、ブログ記事のTwitter自動通知です。ただフォロワーが少ないので大した効果は無いのですが、一応「ブログ出来たよ!」を通知しています。

まだ私の中でのTwitterの役割というか、どういう風にすれば有用に機能するのか、というのが分かっておらず、的確な使用方法が出来ていません。Twitter独自の文化性みたいなものも理解していないので、もしかしたら思い切り場違いな事をしているのかも知れません。

 

ただ、たまにTwitterからの閲覧者の方がお見えになる事はあります。あくまでたまになんですが。

そういうアクセスを見ると、やはりTwitterも一つの集客の軸として必要なのかな、と思っています。

スポンサーリンク

TwitterだけでないSNSを狙うと……

そもそもTwitterだけがSNSではありません。Facebookだとか、Instagramだとか、色々あります。

けれど、基本的にペンネームでやっている私は、Facebookは規約違反となるので登録すら出来ません。あそこは実名必須ですからね。

Instagramに至っては、そもそも写真撮ってどうこうする仕事ではないので、いいね!がもらえる様な写真が撮れません。

 

しかも、どちらのSNSにしても、ブログへ来てもらう、または小説を読んでもらうという最終目標に資さないのです。

ですので今のところ、取りあえずTwitterアカウントを取ってそれで運用をしていますが、なかなか難しいのが実際です。

 

小説家の皆さんは一体、どういう風にSNSを使って人集めをしているのだろう。私にとって謎です。

多分Facebookとかが小説家の方々には一番合いそうな感じがしますが、実名登録必須、というところが難しいですよね。あくまで個人的な色合いなのがFacebookなので。公人とまでは言いませんが、個人とは違うペンネームの作家さんにとって、ちょっとFacebookは厳しいのかな、と思います。自分がそう感じるのと同じように。

 

マストドンとかも気になりますが、延々SNS対策ばかりしているよりは小説の実作をした方が有益なので、取りあえず今の、簡単に設定出来るTwitterだけで、今のところは運用していくつもりです。

もし何かアイデアある方いらしたら、是非コメントにてお知らせ下さい。取り入れたいと思います。

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事