小説家と言っても普通の人間ですので、色々とリフレッシュが必要にもなってきます。

特に、小説家は根を詰める職業ですので、ストレスは結構溜まります。

 

日々ウォーキングを常にして、ある程度ストレス発散は心掛けているのですが、ウォーキング自体が結構ハードに行っているのでそれもまた時にストレスになったりもして。

そうなると、他の方法でリフレッシュをする、という必要が出てきます。私の個人的なお気に入りリフレッシュ方法は、サウナとか岩盤浴の類です。

 

じっくり汗を流して、身体の中の水分を入れ替える様にすると、それだけで相当ストレスは解消されます。

夏場は普通に外に出れば汗も掛けますが、冬場はそうも行きません。汗をかくのにも、工夫が要ります。

スポンサーリンク

自宅でも出来る汗だしデトックスの方法

汗を出す、という事は、汗腺に詰まった汚れなどを押し出す効果も期待出来るので、とにかく汗を出す、というのを主眼にしたデトックス、というのも良いと思います。

私の場合は、心臓は幸い丈夫なので、肩まで浸かるお風呂でもって、どんどん追い炊きを掛けてお風呂を熱めにしておいて、読書などして1時間ほど過ごします。

心臓丈夫と言っても脱水は危ないので、水を2リットルほど持ち込み、後は読みたい本を持ってお風呂へ。風呂の蓋を半分くらい閉めてそれを台にして、本を読んだり水を置いたりしています。

 

やはり1時間の毒出しデトックスをすると、頭の回転が抜群に良くなります。相当色々毒が貯まっているのでしょうね。

昔は、2週間に1回くらいのペースで行っていましたが、近頃はちょっとサボり気味で、1~2ヶ月に一度ほどしています。

 

更にこの時、塩系の入浴剤を入れる、というのも良いです。デッドシーソルトとかそういうモノです。

但し、追い炊きが前提ですので、硫黄が入った入浴剤は避けなければいけません。配管がやられてしまいます。

 

持ち込む本なんですが、近頃はKindle paperwhiteを持ってはいる事が多くなっています。

Kindle paperwhiteは防水ではないので、窓も開けて蒸気が籠もらないようにしないとマズいんですが、それでも「自分の読みたい本」が大体Kindle paperwhiteの中に入ってしまっているので、そうならざるを得ないという状況です。

 

因みに幸い、今まで本もKindle paperwhiteも、湯船に落としたことはありません。

ただやっぱり、愛蔵本などは持ち込めませんね。手が汗をかくので、どうしても本の紙がよれてしまうので。

その点Kindle paperwhiteの場合は、ちょっと水気が付く程度であればすぐ拭けば良いので、重宝しています。

と、言う訳で、今日は長島温泉に行ってきます。

長島温泉、高速で1時間車を走らせればすぐ着いてしまうので、とても便が良いです。

今回は、妻が何処かから長島温泉の半額割引券をもらってきたので、それを使おう、というのが主旨だったりします。

 

長島温泉は、塩泉。しっかり汗を出すのにも適している泉質です。

その上今回のメインは岩盤浴。夫婦でしっかりデトックスをしよう、という話になっています。

本当は時間が取れれば名古屋の本屋とかも見たいんですが、まぁ長島温泉にはショッピングモールであるジャズドリーム長島も併設されているので、そこで時間を取られてしまって、書店の営業時間内に行ける、という事は無いと思います。

どうしても女性は、ウィンドウショッピングも含めて、買い物好きですからねぇ。

 

因みに私はデジカメが欲しいんですが、土岐のアウトレットにはデジカメ売ってるショップがあるのですが、長島には無いんですよね。

特に拘りの機種がある訳では無くて、iPhoneよりしっかりした写真が撮りたいだけなんですが(iPhoneも凄いですけれど、画質補正ビビッド、というのを一括して指定出来ないのがネックでして)、とにかく実機を触ってみたいな、と。

ギリギリの時間で行って、そこで値段交渉までして買う、というのも手だとは思うのですが、まぁ妻がどれだけアウトレットで時間を使いたいかに寄りますね。

 

まあいずれにしても、今回は子供がおばあちゃんの家にお泊まりなので、夫婦水入らずのデートです。

しっかり楽しんでこようと思っています。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事