小説家として活動していると、どうしても「息切れ」というか、アイデアが枯渇してどうにもならん事があります。

そういう時には、悩み込んでも無駄。思い切ってリフレッシュが必要です。

私の場合、車で1時間くらいの所にあるイオンモールが丁度良いリフレッシュの場になってくれています。

 

イオンモールは、いつも店内が明るく、BGMも綺麗で、掃除も行き届いていて……

また基本的に店内ですので、冬だろうが雪だろうが楽しめます。専門店もたくさんありますし。

 

それでも結局、常にリフレッシュの場としてそこを使っているので、行く店自体は限られてくるのですが、それでもその空間を味わう事で私はリフレッシュが出来るので、満足をしています。

スポンサーリンク

イオンモールの規模と疲れ方

私が行っているイオンモールは、規模としては中規模程度の所です。なのであまり疲れない。

これが、隣県まで出ると大規模なイオンモールがあるのですが、そこへ行くと流石に疲れます。広すぎて。

 

大規模なイオンモールの方が当然専門店も充実しているのですが、端から端まで行かないと全部見られない、というのって、結構疲れるんですよね。

だから私は、買い物したい欲求の時には大きなイオンモールに行きますが、リフレッシュ程度であれば近場の中規模。これに決めています。

 

個人的に、雑貨店みたいなショップが好きなんですが、そこには無いんですよね、丁度良い雑貨店が。

そう言う意味ではちょっと不満なんですが、取りあえずモールの雰囲気が好きなので、相変わらず行っている、という感じです。

 

で、そもそもなんでリフレッシュが必要になったか。日常の疲れ、というのもあるんですけれど、今ちょっとビジネスを動かしていて、それが疲れの元になっています。

外注さんを雇って、仕事してもらっているのですが、その管理が意外に疲れる。誰がどこまで進捗しているか、とかを管理するのですが、つかれるんですよ。

だから、ちょっと息抜きとして、リフレッシュ。それでまた仕事に戻れるのですから、良いものです。

 

因みに、4月の頭には「お父さんの春休み」と題して、2泊3日くらいの大規模リフレッシュに出掛ける予定です。

何故「お父さんの春休み」が必要か

別に何事があるという訳では無いのですが、日常がストレスなんですよ、特に対子供。息子ストレスです。

息子からはとても好まれている父親なんですが、私が彼の事がダメでして。それで相当ストレスを抱えています。

近頃は、精神安定剤を飲みながら日々対応する様な毎日を送っていて、ある意味での限界を感じています。

 

これで息子も4月から3年生ですから少しは成長してくれれば良いのになぁと思うのですが、まぁこればかりは一朝一夕には行きません。

 

リフレッシュ休暇が取れれば、大体丸2日は顔を見ないで済むので、とても良い休暇になる事と思います。

私の場合、仕事が自営業ですから、時間は比較的自由にとれます。こうしてブログ書いたりとか、色々趣味もあったりします。

本願は小説なんですけれど、なかなか書き始めるまでが腰が重いですね。

 

それで、何とかリフレッシュ休暇で復活して、そのまま夏まで頑張って、去年も取ったんですが「お父さんの夏休み」でまたチャージ。

そういうルーティーンで行こう、と思っています。ただ前回の夏休みは、取るタイミングが遅すぎて、寧ろ回復する予定が墜落した、という悪い思い出にもなっています。

それまでは、単月100万売り上げる事もある仕事をしていたんですけれどねぇ、夏休み入れたら一気にうつ状態が出てしまって、クレカ等の債務返済まで出来ない状態になってしまいまして。

 

そういう訳で、私はカード類ブラックなんですよ、既に。

けれどありがたい事に、au walletはカードブラックでも使えますし、楽天のカード、妻が本カードを持ち私が家族カードを持つ、という構造にしたらカード自体は持てたので、生活に支障はありません。

 

まぁ、今1社債権者が電話しばしば掛けてくるので、そろそろ訴訟かな、とか思っています。

法学部出なので訴訟ドンと来いやという感じなんですが(笑)、まあそれでも今回の訴訟は勝てる見込みがあるので良いです。

単に貸金債権の話だと勝ちようが無いんですが、私の場合ちょっと特殊な事情があるので、それを盾にして抗弁が出来るので、勝てます。

 

債権者さんはどうその辺りを訴訟戦略に練り込んでくるのか、今の段階では分かりませんが、取りあえず、

 

東京地裁が第一審であって欲しい

 

という感じですね。訴訟ついでに東京巡りしてこよう、という魂胆です(笑)。

取りあえず今日も2回電話あったらしいんですが、マナーモードにしていて気付かず。

まぁ明日も電話来るだろうと思うので、掛け直しはしませんでした。

 

そんな吉崎歩ですが、元気にやっております。

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事