「小説家になろう」サイトに小説を掲載しました。

 

忍者サダノブの冒険 はじめてのおつかい

↑クリック!

スポンサーリンク

小説の主人公は……

実はこの小説、息子に読ませる最初の小説として執筆しました。

今まで息子は、小説、というものは読んだことがありませんでした。教科書でも、カチッとした小説は無かったですし。

小説の味わい方・楽しさというのが理解出来るように、敢えてやさしく書いてある小説です。ちょっと本格を望む方には物足りないかとは思います。

 

息子からのフィードバックとして「最高!」と言われました。まぁ身内ですから、褒められてもそれで上手だという意味は全く無いですし、そもそもこの息子をターゲットに絞って書いているので好評になるのは当たり前なんですが(苦笑)、何にしても好評を頂けるというのは嬉しいものではあります。

 

ただ、やはり「小説家になろう」では、短編小説は殆ど読まれないですね。埋没してしまう。もちろんジャンルの問題もあると思います。

冒険、という大カテゴリーの小説が果たしてあのプラットフォームでウケるか、というと、そのままでは難しい。ファンタジー要素とかも入れないと、多分無理でしょう。

なのでこれから書いていく長編・連載小説については、しっかりとファンタジーしていこうと思っていて、粗々ながら登場人物などを今構築中だったりします。

 

なかなか小説に掛ける時間、というのが取れないのが実際です。

色々忙しい。細かい事ばっかりなんですけれどね、本気度が足りない証拠ではあります。

 

もっと本気になって執筆すれば、ある程度ハイペースで小説も出来るでしょう。

けれど、他にある事項を思わず優先してしまう。まぁ、創作って激しく消耗もしますので、優先順位は低くなりがちです。

プロ作家を目指す、というモチベーションが固まれば第一優先として取り組むんですが、プロになる道が全く見えていない現在、そこまでのモチベーションを傾けられない、というのが実際のところです。

近況報告もついでに

最近、暗号通貨関連の投資をしました。投資というか、甘い謳い文句に騙されて金を出した、と言った方が良いかも知れません。

「マスターAllianceシステム」と言う名前で募集されていた、月100万円入るよ! という如何にも怪しい感じだったのですが、信頼して10万円払って入ってみたら、BTC/USDのEA渡されて終わり。そして何かとアップセルの販売ばかり言われて。

 

最初はこのマスターAllianceシステム、何だか凄そうだなと思ったんです。解説動画では、管理画面みたいなのがありまして。

けれど、実際は単にEAの販売ですから、実にこの「管理画面が思い切り作りもの」という事すら分かりました。

何せ、EAにMT4のそこまでの内容を外部(マスターAllianceシステム)に送信出来る権限は、無いはずですから。

 

ある意味思い切り騙されたのです。マスターAllianceシステムという代物に。

ただ、まぁEAを買った、と。10万円でBTC/USDのEAを買ったと思い、今のところ我慢しています。

 

因みに販売元を調べると、特商法の住所がレンタルオフィス。あちゃーです、この時点で詐欺の臭いぷんぷんです。

会社の名前で出していましたが、果たしてその会社も実在するのかどうか怪しいレベルです。

やはり人間、盲点って出来てしまうものですね。難しいです、情報を見分けるというのは。

取りあえず、今後返金保障が機能しなかった場合に備え、また詐欺立件も考えて、全てのレターページと動画は完全保存しました。これで警察に資料提供すれば、100万円渡すよ詐欺として立件してもらえます。京都府警辺りのサイバー課へ頼み込もうとも考えています。

 

警察が動けば、海外逃亡でもしていない限り、絶対逃げ切れませんからね。

レンタルオフィス解約してても、契約情報を参照すればそもそも誰が契約していたか何てバレバレになります。

事務局、と言われているアドレスがあるので、そこをもう少し叩こうかな、と思っています。叩けばホコリが出るかな、と。

 

近頃はそんな所ですかねぇ、マスターAllianceシステムに随分かき混ぜられ、私生活のリズムが狂った吉崎でした。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事